よく青汁を飲んでダイエットをするという話を聞きますが、果たして本当に青汁にダイエット効果があるのか疑問に思われる方もいるかと思います。

製品の広告などでもたまに『らくらくダイエット!』と書いてあるのを見かけますが、基本的には青汁は『ダイエットをするための魔法の飲み物』ではなく、『ダイエットを効率的に行うための飲み物』です。

では、青汁がどのようにしてダイエットをサポートしてくれるのか、今回はそれを正しく知ることから始めましょう。

 

『青汁でダイエット』は間違い!?

正確には『青汁"だけ"でダイエットをするのは間違い』なのですが、前述の通り青汁は決してただ飲むだけで痩せるといった魔法の飲み物ではありません。

青汁の材料として使用されるケール、大麦若葉、明日葉などの野菜には他の野菜と比べて圧倒的な量の食物繊維が含まれています。この食物繊維の効果によって腸の働きが正常になり理想的な排便ができるようになります。そのため便秘が解消されることで体重が減ったり、おなかがへこんだりすることでダイエットに効果があると思われることが多いようです。また血流がよくなりリンパの流れもよくなるため、むくみが解消され顔や手足が細くなったように見えることも関係しているようです。

確かにそれらも結果としてダイエットが成功したと言えるかもしれませんが、肝心の脂肪が落ちたわけではありませんからしっかり運動などで脂肪を燃焼させ、身体の機能を整えるためのサポート飲料として飲むことが本来の正しい青汁の飲み方と言えるでしょう。

 

大事なのは『脂肪を燃焼させる』こと

前述の通り、便秘解消による体重の減少は一時的なものです。体重を減らすということはダイエットで目指す目標そのものであることは間違いありませんが、ただ体重を減らせばいいというものではありません。身体の働きを正常に保ちながら正しくダイエットをするのであれば消費するエネルギーと摂取するエネルギーのバランスをよく考えて体重を減らすことが重要になってきます。

脂肪燃焼にはビタミンやカルシウムなどの働きがとても大事になってきますが、これらが足りないと脂肪が燃焼しにくく思うように体重が減りません。その結果、無理な食事制限をして更に栄養が足りなくなることで脂肪燃焼に必要なエネルギーが確保できないうえ、必要な筋肉まで落としてしまったり、体調を崩す原因にもなるなど負の連鎖が起きてしまうのです。そういったことにならないように、しっかりと栄養を摂取するためのサポート飲料として青汁はおすすめです。

もちろん青汁に豊富な栄養が含まれているとはいえ食事の代わりにはなりませんから注意が必要です。青汁はあくまで健康なからだづくりをフォローするための飲み物ですから、日々のバランスのとれた食事あってこそのものだと理解する必要があります。 

 

青汁の正しい飲み方は?

では、健康な身体づくりをフォローするためには青汁をどのように飲むのが効果的なのでしょうか。 

まず分かりやすい方法としては1日1杯、自分の好きなタイミングで飲むことです。忙しい朝の朝食代わりに飲んだり、昼過ぎの小腹がすいたときに間食代わりに飲んだり、晩御飯の前に飲んだり、自分の生活スタイルにあった方法で楽しく飲むことが無理なく続けるコツです。もちろん、基本は日々の食事にプラスして青汁を飲むのが1番良いのですが、ときには時間が取れず食事を抜くこともあるかと思います。そういったときの補助として飲むのはいい方法かもしれません。

効果を実感するためには毎日欠かさず飲み続けることが大切です。そもそも短期的にダイエットをする方法はリバウンドの危険性などもありリスクが高いものも多いのですが、青汁を飲み続けて体質を改善する方法は時間はかかるものの、無理なく自然と理想の体型を手に入れることを目的としています。そのためにはしっかりと定期的に青汁を飲み続けることが大事になってくるわけですね。継続は力なりです。

また青汁は食物繊維のほかにもビタミン、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど、豊富な栄養素が多く含まれていますが、これらは通常、ダイエットをすると食事制限などの影響もあり不足しがちになってしまうものばかりです。これらの栄養素がしっかり補給できることによって便秘改善、美肌効果、貧血の改善、高血圧予防などしっかりと身体のお手入れもしながら無理なくダイエットを続けることができるのはとても嬉しいですよね。特に便秘、むくみ、肌荒れはダイエットをしていない女性であったとしても悩みの種ですから、こういった悩みも同時に改善できるのは食事制限を設けて行うダイエットではなく青汁を用いたダイエットだからこその特権だと言ってもいいのではないでしょうか。

 

ダイエットにあった青汁の選び方  

まずは『無農薬』『無添加』のものを選んでみてください。こうした特徴はパッケージに必ず記載されていますから店頭で購入する際はパッケージのチェックを、ネットで注文する際は製品ページの説明をよく確認して購入するようにしましょう。また無理なく続けるためには味にもこだわりたいところ。最近の青汁はずいぶんと飲みやすいように工夫されていますが、やはり苦くて飲むのが嫌になってしまうようではなかなか続きませんよね。美味しく楽しく続けるためにも口コミなどの評判をチェックしてから購入するのもいいかもしれません。

ただ、気を付けなければいけないのが飲みやすさを気にするあまりジュースのような青汁を飲み続けるようではあまり効果に期待はできないかもしれないという点です。青汁として飲みやすく工夫がされているものと、ジュースの延長線上で気軽に飲める、いわゆる『なんちゃって青汁』とでは栄養価に大きく違いがあります。またなんちゃって青汁にはカロリーが高いものや砂糖などが多く含まれるものもあるため、選ぶ際には注意が必要です。

およそ青汁1杯で、生野菜100グラムと同程度のビタミン、ミネラル、食物繊維を摂取することが出来ます。毎日サラダを100グラム食べることは意識すればできないことはないですが、それを毎日長く続けるとなると嫌になってしまう人も多いのではないでしょうか。そのうえ青汁には老化防止、免疫力アップ、アトピー改善などの効果にも期待でき、一石二鳥どころの騒ぎではないわけですね。

 

実際のところ本当に効果はあるのか

もちろん、やるからにはしっかりと成功させたいですが、実際のところ成功率はどの程度のものなのでしょうか。

まず前述にもある通り、1週間そこらで急に効果が現れるということではないので、すぐに体重に変化が現れたり余分な脂肪が落ちるといったことに期待はできません。あくまで無理なく、普段の生活を送りながら健康的にダイエットを手助けするための飲み物ですから、食事制限をしたときのように目に見えてすぐ結果が出るわけではないということを考えると成功にも個人差は出てきます。やはり効果が目に見えてこないと不安で途中でやめてしまったり、徐々に変化が現れるためちょっとした違いに気付かず効果を実感できない人もいるのかもしれません。しかし、便秘やむくみで悩む人の90%は実際に青汁を飲むことで悩み解消について「効果があった」と感じているようです。

しかし効果を実感できるかどうかというのは何も青汁を用いた方法に限った話ではありません。誰しも自分にあった方法というものが必ず存在しますし、実感できるようになるまでの期間も1か月の人もいれば1年かかるような人もいるでしょう。しかし何事も続けることが大事です。そして続けるのであれば無理なく健康的に始められる青汁を用いたダイエットはおすすめです。

 

まとめ

・巷でよく聞く『青汁でダイエットをすることができる』という話は半分はウソ。実際はダイエットを行う際の栄養補給を効果的にするためのサポート的な飲み物として青汁がおすすめできるということ。

・基本的な食事のバランスをしっかり守ったうえで、無理なく健康的なダイエットを続けることが本当の意味での成功につながる。

・豊富な栄養素のおかげでダイエット効果だけでなく身体の機能を整え、肌トラブルや便秘解消など複合的に効果が得られる。

・継続は力なり。効果はすぐには現れないがコツコツ続けることによって何かしらの実感が得られる。