人と会う時に気になることの代表なのが自分の体臭や口臭ではないでしょうか。しっかり体を洗っているのにちょっと汗をかいたらなんだか臭う気がする…。毎日歯を磨いているのに自分の口臭が気になる…。こうしたニオイに悩む人は決して少なくないと思いますが、実はこういったニオイの悩みも普段の生活習慣が大きく関わっているのをご存知でしょうか。

今回はそんなニオイに関する生活習慣の関係性と、青汁がこのように活躍するのか見ていきたいと思います。

 

気になるニオイはどのように発生するのか

まず体臭が発生する理由には大きく分けて3つの原因があります。1つは皮脂のニオイで、空気に触れることでニオイを発します。2つめは私たちの身体が体温や水分の調整をするために出す汗のニオイです。汗そのものにニオイはありませんが、皮脂と混ざることで気になるニオイへと変身します。3つ目も汗が関係しますが、前述の調整機能のためのサラサラとした汗ではなく、アポクリン腺という汗腺から出る汗でドロッとしているのが特徴です。わきの下や外陰部など、アポクリン腺が多くある場所からのみ発せられるニオイです。これらは私たち人間の代謝によって自然と発せられるもので、人によって種類はさまざまです。

同じように口臭も大きく分けて3つに分類することができ、1つめは食べ物のニオイです。いわゆるギョーザやキムチなどニオイの強い食べ物を食べた後に一時的に臭うものです。CMなどでも食べ物のニオイ対策に関連する商品が多く販売されていますし、なじみ深い悩みではないでしょうか。2つめは口内環境の状態によって発せられるニオイです。虫歯や舌の汚れ、唾液が少なく口内が乾くと臭うものです。そして3つめは腸内環境の乱れによって起こるニオイです。胃や腸が荒れていたり、便秘などで老廃物が正常に排出されていないと、それらが発行して強いニオイを発します。

 

 

それぞれの対処法はどうすれば良いのか

では、こうしたニオイの原因となるものを防ぐにはどのように対処すれば良いのでしょうか。

まず体臭のなかでは皮脂のニオイは対処がしやすいと言われています。皮脂のニオイは動物性の脂肪やタンパク質の多い食事をすることで強くニオイを発することが分かっていますから、肉中心の食生活をしているひとはそれほど体臭となってあらわれやすいということですね。また、卵や牛乳にも動物性のものが含まれていますから、食べ過ぎには注意しなければいけません。つまり肉中心の食生活をしている人は魚や野菜などをバランスよく食べることで自然と体臭の改善につながるケースは多いのです。

次に口臭ですが、これは口内環境によるものと、腸内環境によるものは対処しやすいものとして挙げられます。どちらも環境の乱れ(汚れ、荒れ、老廃物の排出不足)が原因となって起こるものですから、それを改善してあげることでニオイの発生源を絶ってしまうことが可能です。

 

青汁を正しく飲んで体内環境を整えましょう

そこで活躍するのがさまざまな栄養素を豊富に含んだ青汁というわけですね。まず青汁の原材料となるのは野菜やフルーツですから、動物性タンパク質や動物性の脂質はもちろん含まれていません。あわせて青汁に含まれる豊富な食物繊維が腸内環境を整え、便秘改善にも期待ができます。また腸内乱れによって腸内の悪玉菌が産み出した毒素が血液を流れ、毛穴から発せられることでニオイの原因となるのもありますが、食物繊維は体内の老廃物や余分な動物性のタンパク質・脂質を絡めとりながら排出する働きがありますから、お肉を食べるのを我慢することなく改善に期待できるのです。

また、青汁には葉緑素(クロロフィル)が豊富に含まれています。葉緑素には抗菌・消臭作用や粘膜の炎症を抑える作用もあるので、体内環境の乱れそのものに働きかけて根本から問題を改善できるため、非常にありがたい飲み物ではないでしょうか。

また、皮脂の酸化によってニオイを発する点については抗酸化作用が多く含まれる栄養素(食物繊維、葉緑素、乳酸菌)などが効果的と言われていますが、これらはすべて野菜を食べることで摂取することができるものです。そしてその野菜を多く材料としている青汁には、こうした栄養素が豊富に含まれているわけですから1杯でこれらの効果にまとめて期待できるのです。

飲むタイミングに決まった制約などはなく、まずは1日1杯じぶんの好きなタイミングで飲むことを意識してみましょう。食前・食後や小腹が空いたときの間食の代わりとして飲むなど方法はさまざまですが、大事なのは毎日続けることです。人によって個人差があるため数日で改善を感じられる人もいれば、数か月単位でゆっくりと改善していく人もいます。薬などど違って急激な変化を身体にもたらすわけではありませんから、毎日コツコツと体内環境の改善に努めることが大切です。

 

改めてニオイの発生原因を見つめ直す

一言でニオイといってもさまざまな原因があり、それは人それぞれ原因が違うものです。例えば日頃の食生活の見直しは体臭の改善について大きなポイントであると言えます。もともと魚や野菜を主食としてきた日本人ですが、近年では食の欧米化も進んできてメニューに動物性のタンパク質、脂質が多く含まれるものが増えてきたことも原因の1つです。しかしながら理屈は分かっていても、なかなかすぐに肉を食べないようにするのは非現実的な方法とも言えます。むしろそうしてメニューに制限をかけてばかりではストレスがたまり生活リズムの乱れなどにつながって、それが回り回ってニオイの原因となるようでは本末転倒と言えるでしょう。

緊張や疲労、睡眠不足などでストレスが蓄積されると自律神経の乱れにつながります。自律神経が乱れれば胃腸や肝臓の働きが低下しますから、排出されるはずだった老廃物やニオイの原因となる毒素がうまく体外へ排出されず蓄積してしまいます。それらが血液に溶けだして全身にまわり、汗や皮脂などとともに流れ出すことで不快なニオイを発することもあります。

また、公衆の場で『おなら』を我慢することは誰しも一度は経験する、日常でよくあることではないでしょうか。しかしながらおならというのは体内の不要な毒素を含んだガスですからそれを排出しようとする行為を無理やり止めてしまっているわけです。この我慢した毒素を含むガスは体内に溜まり続け、そのまま排出されずに留まり続けるといずれ体内に吸収されてしまいます。体内に吸収されれば血液にのって全身を巡ったのち、毛穴から毒素とともにニオイが発せられます。もちろん、この毒素は腸内環境に大きく依存するものですから、常に腸内環境が整えられていれば、例え我慢したところで強烈なニオイを発することを未然に対策しておけるというわけです。

 

腸内環境改善には食物繊維が大活躍

食物繊維は腸内環境の改善と免疫力の向上においてなくてはならないものです。

食物繊維の働きにより腸内の善玉菌が増えるので腸内環境を整えるのに役立ち、水分を含んで体内の有害物質を運んでくれる働きや便のかさ増しにもなるため、便秘解消に効果があります。嫌なニオイの原因となる老廃物や毒素が体外に出ることによって体内からの改善につながります。特に便秘は大腸がんや肌荒れの元とも言われていますから、体内の老廃物や有害物質を絡めとりながら排出してくれる食物繊維の働きは嬉しいですね。

また、ニオイ対策だけでなくダイエットにも効果的なものと言われていて、胃の中で水分を含むと膨らむため満腹感を得られて食べ過ぎを抑制できたり、糖質や脂質の吸収をゆるやかにするため血糖値の急上昇を抑えたり血中コレステロール値を下げる働きがあります。水に溶けたゲル状の食物繊維は余分な脂肪を一緒に体外へ排出する働きもあるため、糖尿病や肥満など生活習慣病の予防にも効果的と言われています。

 

口臭にも、もちろん効果あり

もちろん青汁は体臭予防だけでなく口臭にも効果を発揮します。

青汁に含まれる葉緑素(クロロフィル)には抗菌・消臭作用があるため、口内環境の改善や腸内の環境の改善に期待ができるのです。口内環境の改善例としては虫歯や歯槽膿漏の予防が挙げられますが、これらは常に口内を清潔に保っておくことで防ぐことができるものです。こうしたときにクロロフィルの抗菌作用が口内の雑菌の繁殖を防いでくれるのでニオイ対策にはもってこいなのです。

また、クロロフィルにはデトックス効果があることでも知られていますから、腸内環境の改善とあわせて体内の毒素を排出することでニオイの元から絶ってしまえるというわけですね。