妊娠女性はお腹の赤ちゃんのためにも栄養補給は特に気を使いたいところですよね。栄養バランスをよく考えてしっかりと母子ともに健康でいたいものですが、そんなときに妊娠と青汁の関係について噂を聞くことがあります。

「妊娠途中に青汁は飲んでも平気なの?」「副作用などはないの?」といろいろ気になるものですよね。しかし、結論から言えば妊娠中でも青汁を飲むことは問題ありません。むしろ積極的に飲みたいものと言ってもいいのではないでしょうか。

今回は誤解されがちな妊娠中の栄養補給と青汁の飲み方について見ていきます。

 

妊娠中にこそ栄養豊富な青汁を

妊婦さんは自分自身もそうですが、それ以上にお腹の赤ちゃんにたっぷりと栄養を送ってあげるために、食事にはいつも以上に気を使う必要があります。栄養のバランスをよく考えて食べたいものですよね。なかにはウナギやレバーのように過剰に摂りすぎてしまうとむしろ悪影響になってしまうようなものもあるので注意が必要です。

ちなみにウナギやレバーを控えたほうが良い理由としては、これらに含まれるレチノールという栄養素が関係しています。レチノールは動物由来の食品に含まれるビタミンAの仲間で、このレチノールを過剰に摂取すると胎児が奇形・先天異常などの障害をもった状態で産まれる可能性が上がると言われているからです。また、さまざまなビタミンAのなかでもこのレチノールは体外へ排出されにくいという特徴をもっているため、注意が必要になっています。

 

青汁にもビタミンAは含まれているけど大丈夫なの?

ウナギやレバーに含まれるビタミンAのレチノールはできれば避けたい栄養素である。このことが妊娠中の栄養補給に関して誤解を生む原因となっていることは少なくありません。もちろん、レチノールは避けるに越したことはありませんが、摂取したからといってただちに影響が出るかというとそういうわけでもありません。もちろん、妊娠初期など胎児への影響が大きい時期はよりいっそう避けるべきですが、一切レチノールを摂ってはいけないという認識は少し誤った覚え方です。

この誤った知識がレチノールがビタミンAの仲間であることに関係して、「妊娠中にビタミンAを摂るのは避けたほうがよい」という誤解を生んでしまいがちなのですが、むしろビタミンAは風邪予防や抗酸化作用などによって身体の状態を整えるのに必要不可欠な栄養素ですから積極的に摂っていきたいものです。

おさらいですが、レチノールは『動物性のビタミンA』です。つまり原材料が野菜の青汁には動物性のビタミンAは含まれていません。そうです、ビタミンAは葉物野菜や緑黄色野菜から積極的に摂取すれば良いのです。しかしかと言って1日にボウル数杯のサラダを、しかも毎日食べるのはなかなか難しいものです。そこで活躍するのが青汁というわけですね。青汁に含まれるビタミンAは植物由来の『ベータカロテン』です。ベータカロテンは体内に必要な分だけビタミンAに変わる性質を持っているので、多少摂りすぎてしまってもさほど心配はありません。

ベータカロテンは厚生労働省も摂取を推奨している栄養素のうちの1つですから、妊娠中にこそ積極的に摂取していきたいですね。

 

他にも妊婦さんにおすすめの理由がたくさん

ベータカロテンが手軽に補給できるというだけでも妊婦さんにとっては嬉しい飲み物なのですが、実はそれ以外にもまだまだ妊婦さんにとって嬉しい理由があります。
まずは妊娠中に不足しがちな栄養がまとめて補えるという点。妊娠中は赤ちゃんへ優先的に栄養が行き届きますからお母さん自身の栄養が足りず貧血などを起こすことも。これはカルシウムや鉄分、葉酸が不足しやすいという理由からくるものですが、これらの栄養素も青汁には豊富に含まれています。
また、食物繊維も多く摂れるため便秘予防や、体内の余分な水分の排出を促すカリウム、カルシウムの働きを助けるマグネシウムなどもいっぺんに摂れるので青汁1杯で妊娠中に嬉しい栄養がまるごと摂取できてしまうというわけですね。

また、最近は青汁の原料として明日葉が使われることも多くなりましたが、この明日葉に含まれるカルコンという成分は明日葉以外の野菜からはなかなか摂取できない栄養素となっています。カルコンの働きは体内の老廃物の排出を促したり、内臓脂肪を減らす働き、血液をサラサラにする働きなどがあるため、妊娠中のむくみや高血圧の予防、肥満予防にも一役買ってくれる優れものです。

同じく原料になるケールという野菜にも食物繊維やビタミン、カルシウム、葉酸が豊富に含まれており、上記の効果にあわせて抗酸化作用もあるため赤ちゃんにとって有害な毒素の排出やお母さん自身のエネルギーを作り出すための栄養素を手軽に補給することができます。

そして最近注目を集めている大麦若葉も妊娠中の女性には強い味方です。鉄分が多く含まれているため貧血予防になるほか、食物繊維、葉緑素、豊富なビタミン・ミネラルのおかげで不足しがちな栄養補給をしつつ体内の毒素をどんどん排出してくれる優れものです。特にビタミンB1は欠乏すると意識障害や神経障害などの発症につながる可能性もあるため、食事をとるのがつらい時でも飲み物であれば喉も通りやすいですから、どうしても食事ができないときは1食の代わりとして重宝することでしょう。

 

青汁を選ぶうえで気を付けたい点

無添加のものを選ぶ

妊娠中は普段以上に口に入れるものに気を付けたいところ。特に添加物は極力避けたいものです。
市販されている青汁にも酸化防止剤や人工甘味料、香料などを使っている商品がたくさんあります。特に飲みやすくするためにこうした添加物が入っていることが多いですね。
添加物は、お腹の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があり、更に言えばお母さん自身の血糖値が上がって体重増加や高血圧につながることも。

また、上記で取り上げたような栄養素の効果を引き出すことが目的で添加物を使用している商品もありますが、栄養素をパワーアップするための添加物で悪影響を受けてしまうのでは本末転倒です。

 

原材料は国産のものにこだわる

国産のものはすべて安全かというとそうではありませんが、少なくとも国内で作られた青汁を選んで飲むようにするほうが無難です。外国のもの、特に中国産のものは日本で認可されていない農薬が多く使われていたり、添加物が含まれていることも非常に多いです。外国産の青汁がネットで安く売られているのもよく見ますが、だいたい量に対する価格が極端に安いケースを多いため、価格面でのお買い得をうたっている商品は購入する前に一度よく確かめるのが良いでしょう。

最近では国産のものでも比較的、求めやすい価格で買えることがよく見られるようになりました。また、野菜の生産者や原産地などの表示を積極的にしているページや詳しい製造方法などの紹介をしているページなども増えてきたため購入前に信頼できる商品が分かりやすくなっていることも多いですね。

 

含まれている栄養をしっかり確認する

青汁と一言でいっても種類はさまざまです。国内外で多種多様に種類もあれば、国内産でも飲みやすいようにどちらかというとジュースに近いものもあります。前述までの通り、青汁を飲む際にはしっかりと栄養補給できるものを選びたいものです。最近は青汁1杯あたりに含まれている栄養素の表記をホームページなどでしっかりしている製品も多くみられるようになってきました。

栄養が多く摂れる青汁は価格もそれなりのものが多いですが、やはり毎日飲むものはこだわりたいものです。そのうえお腹に赤ちゃんがいるとなればなおさら。しっかりと栄養補給して母子ともに健康な状態を維持できるようしっかり確認してから購入しましょう。 

 

カフェインが含まれていないものを選ぶ

妊娠中はカフェインの摂りすぎにも注意です。カフェインの過剰摂取によりお腹のなかの赤ちゃんへ負担をかけたり、カルシウム不足によって母子共に影響を受けたりします。またカフェインの覚醒作用で寝つきが悪くなるようだとしっかりと疲労回復することもできませんから、ストレスなどが原因で体調を崩したのがきっかけでお腹のなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼすことも少なくありません。

カフェインを一切摂ってはいけないというわけではありませんが、念には念を入れるという意味でもノンカフェインのものを選ぶのが無難だと言えます。

 

副作用はないが飲みすぎには注意

青汁に副作用はあるのかという質問を見かけることがありますが、基本的には栄養価の高い野菜原料の飲み物ですから、副作用もありません。

しかし食物繊維の働きによって飲みすぎるとお腹が緩くなることはありますので気を付けるべきはそのくらいでしょうか。何事も過剰な接種は禁物。用法・容量を守って正しく飲むことで最大限の効果を得られるのです。

また、どうしても不安な場合はかかりつけの医師などに一度相談してみるのも良いでしょう。