抜け毛や薄毛、できればこうした悩みは持ちたくないものですが、気が付けばいつの間にか自分も薄毛や抜け毛で悩んでいることも…。

こうした悩みは中高年の男性に多いようなイメージがありますが、昨今は若い人や女性にも薄毛や抜け毛の悩みは増えているようです。

今回は悩みの種である『薄毛・抜け毛』が起こるメカニズムと、青汁がどのように活躍するのか見ていきましょう。

 

薄毛や抜け毛はどうして起こるの?

一般的にイメージが強いのが『男性ホルモンが多いと薄毛になりやすい』ということですよね。

これは実際に証明されていて、『AGA(Androgenetic Alopecia)』や『男性型脱毛症』と呼ばれます。

最近は薄毛対策のCMも多くみられるようになったので聞き覚えのあるかたも多いのではないでしょうか。

 

主に思春期を過ぎたあたりから、おでこ周辺、髪の生え際、頭頂部といった部分が薄くなります。

ちなみに男性の体毛が女性より濃いのもテストステロンという男性ホルモンのはたらきによるものです。

 

じゃあ髪も濃くなるはずでは?と思うのが普通ですが、実は厄介なことにテストステロンは髪の命である毛根の毛母細胞で『DHT(ジヒドロテストステロン)』というものに変化します。

このDHTは毛母細胞を萎縮させてしまう働きがあり、なんと髪には逆効果なのです。

しかし、髪の天敵であるのはなにも男性ホルモンだけではありません。

 

実は女性ホルモンも薄毛や抜け毛の原因になることがあります。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のものが存在します。

これらは妊娠をすることで分泌量が増加し、出産後に急激に減少します。

 

エストロゲンは髪の成長を促進させる効果があるのですが、これが過剰に働くことで今度は成長が促進しすぎて抜け毛につながってしまいます。

例えるなら、植物の成長から枯れるまでを早送りで見ている映像をイメージしていただければ分かりやすいでしょうか。

同じくプロゲステロンにも髪の成長を促進させる効果がありますが、これも出産後に減少することで抜け毛の原因になるのです。

特に女性は妊娠してから産後までは目まぐるしくホルモンバランスに変化があるため、その結果ホルモンバランスが乱れやすく生理不順、肌荒れ、イライラする、そして抜け毛といった体の不調となってあらわれることも多いのです。

 

抜け毛・薄毛の原因はホルモンだけではありません

もちろん、男性ホルモン・女性ホルモンの働き以外にもこうした悩みの種になる原因はいくつかあります。

①遺伝

先天的なものとして有名なのは遺伝による抜け毛・薄毛です。

例えば男性でも髭が濃い(=男性ホルモンが多い)のに全く薄毛にならないひともいれば、そうでないのに髪の悩みをもっているひともいます。

これはホルモンの影響を受けやすいかそうでないかが遺伝によって決められているからで、親族に薄毛のひとが多いと遺伝によって薄毛になることが多いというわけです。

 

これは女性にも言えることで、髪の量や太さはある程度、遺伝によって決められます。

男性ほど極端に症状にあらわれることは少なくても、影響を受けているということは十分にあり得ます。

 

②誤ったヘアケア

日頃の洗髪で頭皮の汚れが残ってしまっていたり、洗浄力の強いシャンプーで必要以上に洗いすぎた結果、頭皮にうるおいがなくなってしまい乾燥状態になってしまうと髪の成長を阻害してしまう原因となります。

『シャンプーは頭皮を痛めるので2~3日に一度使用するのが良い』という記事を目にすることもありますが、ただお湯で洗うだけでは汚れは落としきれませんし、汚れが残ることで髪の成長を阻害するだけでなく嫌なニオイの原因ともなります。

シャンプーは洗浄力の強さを謳うようなものはできれば避けて選びましょう。

 

そして頭皮を優しくマッサージしながら洗うことで頭皮を傷つけず、かつ汚れだけをしっかりと落とすことができます。

またマッサージの効果によって血流をよくしてあげることで髪の成長を手助けする効果もあるため、くれぐれも強い力でゴシゴシと洗わないように気を付けましょう。

 

また、お風呂上りも濡れたままの髪を放置していると雑菌が繁殖してカビやニオイの原因となります。

もちろん髪にとって不衛生な環境は好ましくありませんから、ドライヤーでしっかり髪を乾かしましょう。

その際、温風を当てた後に冷風で髪をしめると開いたキューティクルが閉じることによって綺麗な髪を維持するのには効果的です。

 

③血行不良

頭皮の血行が悪いと、髪に必要な栄養が細胞まで行き届かず、成長を阻害してしまいます。

最近では頭皮の血流を促進するような成分が配合された育毛剤などもよく見かけるようになりましたが、それほど髪に必要な栄養を送るための働きは大事なのです。

頭皮の血行をよくするためには頭皮のマッサージや栄養バランスを考えた食事、しっかりと休息をとってストレスを溜めないことが大事です。

また、普段の入浴をシャワーだけで済ませてしまっているかたは是非とも浴槽にお湯を貼って、肩までのんびり浸かりましょう。

 

温かいお湯に入ることで全身の血行が促進し頭皮の血行もよくなるうえ、疲労回復・肩こりなどの緩和、むくみ解消、ストレスの軽減、汗が出ることによる老廃物の排出など多くの効果に期待もできます。

おすすめは夏場は38度、冬場は40度くらいの少しぬるめのお湯にゆっくり浸かることです。

そうすることで体に負担をかけることなく、血行促進効果に期待ができます。

 

④ストレスなどによる身体の不調

ストレスによって毛が抜けるというのはよく知られていますが、これはストレスによって頭皮の血管が収縮し、血流が悪くなることで髪に必要な栄養が行き届かず弱った髪が抜け落ちてしまうことが原因です。

また、体内で酸化の原因となる活性酸素を過剰に発生させてしまうことにより体の内側から錆びつかせてしまうことで老化を早めてしまうというデメリットも。

当然、老化が早まればそのぶん髪への影響も大きく、栄養をしっかり吸収出来ない髪は毛根が細くなり、よわよわしくなってしまいます。

 

⑤食事バランスの乱れ

日頃の食事の偏りがあったり、ダイエットなどによって必要な栄養が摂取できないなどが原因で栄養バランスが崩れると髪へ必要な栄養を送ることができず抜け毛や薄毛の原因となります。

髪をつくるうえで必要な栄養素は主にタンパク質です。

タンパク質は肉や魚、大豆などに含まれています。

 

しかしこれらも食べ過ぎることで動物性タンパク質や脂質の摂りすぎによる弊害も考慮しなくてはいけませんから、ただ単純にいっぱい食べればよいというわけでもありません。

さらに言えば食べ過ぎによることで胃腸の働きが鈍くなると全身の血流にも悪い影響があるためむしろ逆効果と言えるでしょう。

 

また、血流を良くしたり抗酸化作用によって活性酸素の増えすぎを阻止してくれるビタミンAやビタミンE、ビタミンB群といったビタミン類や、

髪をつくるうえで必要な亜鉛などのミネラルもしっかりと意識して摂取していきたい栄養素です。これらは主に野菜に多く含まれているため、

肉中心の食事をしているかたは普段の食事のなかにサラダを取り入れるなど工夫をしてみるとよいでしょう。

 

髪の成長に必要な栄養は青汁で補給!

いくつか抜け毛・薄毛の原因を見てきましたが、何よりも大事なのは体の内側から髪の成長を助けてあげることです。

いくら高級な育毛剤を使おうと、それの効果を発揮できるようなコンディションでなければ意味がありません。

まずは健康を第一に考え、しっかりと栄養補給をしましょう。とは言え、ボウル数杯ぶんの野菜を食べるというのも難しいですから、

野菜がギュッと詰まった青汁はまさにうってつけの飲み物と言えます。

髪に嬉しい栄養素の一例として、以下のようなものが挙げられます。

 

ビタミンA

老化の原因である活性酸素はタンパク質や脂質を酸化させ動脈硬化などの生活習慣病を引き起こします。

ビタミンAやCは活性酸素の増加を防ぎ、若々しい肉体の維持に必要不可欠な栄養素です。

 

粘膜や肌の生成を活発にする働きや抗酸化作用もあるため抵抗力の上昇、肌荒れやかさつきの改善、口内炎などの抑制、がんの抑制など私たちの健康維持にとって重要な栄養素です。

 ビタミンCやベータカロテンなどには脳に蓄積した活性酸素を除去する効果もあるため、仕事などで酷使した頭の疲労感を回復する効果にも期待できます。

 

ビタミンB群

青汁に豊富に含まれるビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、、ビタミンB、ビタミンB12、ナイアシン、パンテトン酸、葉酸、ビオチン)はそれぞれ役割が違いますが

互いに相乗効果を生み出しさまざまな身体の器官の代謝を促す働きがあります。

ビタミンB群にも強い抗酸化作用があるため体内の活性酸素の過剰な発生を抑えてくれる働きに期待ができます。

 

ビタミンC・E

ストレス社会の現代では心身ともに負担がかかることが多いですが、ビタミンCには抗ストレス作用があることでも注目されています。

ストレスを感じることによって分泌されるアドレナリンによって体内でエネルギーを作り出す働きが起こり、

それによってストレスに対抗するわけですが、ビタミンCはこのアドレナリンの生成も助ける作用があるため、ストレス社会の現代には重要な栄養素になっています。

 

ビタミンCは、高い抗酸化作用があるほか、コラーゲンの生成を促して美肌効果に期待が持てるだけでなく、血管や骨・筋肉といった体組織を作るうえで必要不可欠な栄養素です。

また、白血球の働きを強化する働きもあるため免疫力を高め、風邪をひきにくくする予防効果もあります。

 

ビタミンEは別名『若返りのビタミン』と呼ばれます。これはコラーゲンを破壊する活性酸素から肌を守り、

血行の促進をすることで血の巡りがよくなることでその結果、リンパ液も正常に流れるようになり新陳代謝があがる、むくみが取れるということに起因しています。

 

活性酸素が過剰に発生することで体内の酸化が進み、そのまま放置しておくと錆びつきます。

細胞が錆びつくことで働きが鈍くなるため、年齢を重ねるごとに若い時と比べてはるかに活力は低下していますし、溜まった疲労も抜けにくくなります。

 

この錆びついてしまった身体機能を回復させるために必要なのが抗酸化作用のある栄養素というわけです。

増加した活性酸素の量を減らすことで自然と身体機能が回復すると同時に、免疫力や抵抗力も回復するため根本から疲れにくい身体づくりをすることもできます。

 

身体の老化を防ぎ、むしろ回復させることにより根本からの改善がはかれるのです。

ビタミンCにも抗酸化作用がありますが、それぞれ協力し合って相乗効果を生み出すことも分かっているので是非ともあわせてとりたい栄養素になっています。

 

食物繊維

食物繊維は腸内環境の改善と免疫力の向上に必要不可欠です。

食物繊維の働きにより善玉菌が増えるので腸内環境を整えるのに役立ち、水分を含んで体内の有害物質を運んでくれる働きや便のかさ増しにもなるため、便秘解消に効果があります。

体内に老廃物や有害物質が溜まることで代謝が悪くなり結果、疲労物質も溜めこんでしまいがちになってしまうのを防いでくれる食物繊維は積極的に摂りたい栄養素です。

また、胃の中で水分を含むと膨らむため満腹感を得られて食べ過ぎを抑制できたり、糖質や脂質の吸収をゆるやかにするため血糖値の急上昇を抑えたり血中コレステロール値を下げる働きがあります。

水に溶けたゲル状の食物繊維は余分な脂肪を一緒に体外へ排出する働きもあるため、糖尿病や肥満など生活習慣病の予防にも効果的と言われています。

 

関連記事