お酒を飲むことはとても楽しいですよね。友人との飲み会などで話に華が咲き、ついつい飲みすぎてしまうこともしばしば。そして次の日の朝は頭と体が重く、そして気持ち悪い…。そう二日酔いですね。

社会人になれば会社の忘年会や、お偉いさんとの付き合いでお酒を飲まざるを得ないこともあるでしょう。それなのに次の日は仕事で出勤するのにも精一杯…。そんな苦労を経験されたかたは少なくないのでは。

今は飲酒の前後に服用する予防薬や緩和する効果のある薬なども多く販売していますが、人によってはあまり効果を実感できなかったり独特の味や匂いで余計に気分が悪くなってしまうことも。できればなるべく体に負担のない方法で二日酔いを解消したいものです。

今回はそんな二日酔いと青汁の関係について確認していきましょう。

 

二日酔いには青汁で対抗!

お酒を飲むことでアルコールが脳までまわると、リラックス効果が得られ、楽しい気分になります。しかし調子に乗って飲みすぎてしまうと今度は血液中のアルコール濃度が高くなり、運動機能や理性が麻痺してしまいます。千鳥足になったり、記憶をなくすといった状態ですね。顔が赤くなったり、脈が速くなるのはアルコールが肝臓で分解された際に発生した『アセトアルデヒド』が原因です。アセトアルデヒドは有毒成分で悪酔いを引き起こす原因でもあります。

私たち人間はお酒の飲むことでアルコールを摂取するとそれを肝臓で分解しますが、一度に分解できる量には限界があります。アルコールの分解は『アセトアルデヒド脱水素酵素』という酵素の働きによって行われるのですが、この酵素を多く持っているかどうかでお酒に強い人と弱い人がわかれます。人によってはこの酵素がほとんどない場合もあり、そういう人たちがいわゆる下戸(まったくお酒が飲めないひと)と呼ばれるわけですね。

これは体質によるもので、普段の生活の中でアセトアルデヒド脱水素酵素を意図的に増やすことはできません。若いひとは「飲んで吐いてを繰り返すとお酒に強くなる」なんて迷信じみたことを信じて大量にお酒を飲むこともあるようですが、これはあくまで一度吐いてスッキリしたことによって、またちょっと飲めそうだと錯覚しているだけで強くなったわけではありません。

この酵素の働きを越えたアルコールを摂取することで血中に溶けだしたアルコールが全身をめぐり、酔いが回るのです。二日酔いや胃もたれは分解できなかったアルコールが原因となって、さまざまな症状としてあらわれている状態というわけです。アルコールを分解する際には大量の水分を必要とするため、一時的に脱水症状に近い状態になることがあります。またアルコールには利尿作用があり、脱水症状に近しい状態になりやすいため、お酒をのんだあとに水を飲むのはこうした状態を緩和するためのものなのです。

また、お酒の飲みすぎは内臓にもダメージがあります。特に胃へのダメージが大きく、塩酸分泌や酵素の不足、低血糖などを誘発します。こうした内臓の異常や脱水症状が解消されない限り、二日酔いはおさまりません。二日酔いになると頭痛・吐き気・食欲不振・身体のだるさなどまるで風邪をひいたかのような症状がひどい時で1日中続くこともあります。

 

二日酔いにならないための予防法

このような辛い二日酔いにならないためには、『お酒を飲まない』ことが最も近道であり解決策なのですが、みんながみんなそういうわけにはいきません。もちろん、自分自身のキャパを考えつつお酒と上手に付き合うのは前提として、二日酔いになりにくい(酔いすぎになりにくい)方法をいくつか考えてみます。

①肝臓機能を高めるドリンク剤・薬などを飲む

これはみなさんも試したことは多いのではないかと思いますが、あらかじめ肝臓の機能を助ける栄養素が入ったものを飲んでおくことでアルコールの分解を手助けする方法があります。たまに「胃の粘膜に膜を張る」と言って乳製品飲料を飲む人がいますが、実は肝臓を高める飲み物は有名なウコンドリンクの他に牛乳などが挙げられます。実際には胃の粘膜に膜を張るというよりは、結果として肝臓機能の向上をしていたと思うほうが正しい認識かもしれません。

②空腹時にお酒を飲まない

よく空腹時にお酒を飲むと酔いが回るという話を聞きますがこれは事実で、おつまみは食欲を満たすだけでなくアルコールの働きを弱める効果があることがわかっています。特にビタミンCは悪酔いを防ぐのに効果的だと言われていますが、ビタミンCは枝豆やジャガイモに多く含まれます。居酒屋のお通しで枝豆が出てくるのはこうした理由からなんですね。そのほか、オクラや長芋などのネバネバ食材や、梅などにも二日酔いを防ぐ効果があります。

③こまめな水分補給

冒頭にも脱水症状に似た状態が続くことで二日酔いの症状が継続すると紹介しましたが、お酒をのんでいる最中にも常に体内の水分は排出されていきます。そのため気付いたときには既に体内の水分が少なくなっていて、急に酔いが回ったり気分が悪くなったりと症状としてあらわれることも少なくありません。そうならないようにできればお酒を飲んでいる最中にも意識的に休憩をとって水分補給するようにしましょう。

二日酔いにはスポーツドリンクが良いとよく言われますが、これは理に適っていてスポーツドリンクには塩分やミネラルなど、汗・尿によって体外へ排出されやすいものを補う効果があります。なおかつお酒を飲んでいる最中であれば吸収率も良いですから、カバンに忍ばせておいてこまめに飲むのは有効な手段と言えます。

 

もし二日酔いしてしまったら

対策をしていても二日酔いしてしまった場合は対処法を適切に行うことで少し楽になったり、直りが早まることもあります。

頭痛が酷いようであればカフェインを含んだコーヒーや牛乳を飲むと良いとされています。これはアルコールで血管が拡張しているがゆえの症状であるため、血管を収縮させる働きのある飲み物を飲むことで緩和されます。

また、脱水症状の状態や低血糖の状態が続くことで吐き気や体のだるさを感じるため、水分の吸収率のよいスポーツドリンクやフルーツジュースを飲むのもおすすめできます。食欲があるようであれば消化の良い食べ物でしっかり栄養補給もしたいですね。

体内のアセトアルデヒドを分解することも効果があります。これはしじみなどにその成分が多く含まれています。お酒を飲んだあとはしじみの味噌汁を飲むと良いというのは有名ですよね。

また、二日酔いしてしまったときに注意しなければいけないこともあります。

まずは運動やサウナで汗を流すこと。一見、汗を流すことで体内のアルコールや毒素を外に出してしまえばいいのではと思ってしまいますが、実はこれは逆効果。汗をかくことで脱水症状がさらに進行してしまい、症状を悪化させる原因になります。

もちろん、迎え酒なんてもってのほか。一瞬、楽になったような気がしますがそれはあくまで『楽になった気がするだけ』です。一時的に感覚を麻痺させているに過ぎないので根本的な解決にはなっていません。むしろ症状を悪化させるだけなのでやめましょう。

ちなみに頭痛薬などを飲んで二日酔いをやりすごそうとする人がいますが、これも実は危険な行為。というのも二日酔いをしているときは大抵、体内にアルコール成分が残っていることが多く、アルコール+薬という状態にはからずともなってしまう可能性が高いのです。そうすると薬の作用が強く働きすぎて副作用が出ることも考えられますから、頭痛薬の服用などもできれば避けたいものです。

 

弱っているときこそ青汁のパワーを

二日酔いの改善にはビタミン類、アミノ酸などを取ると良いとされています。

これはビタミン類に含まれる胃や腸の粘膜を修復・保護する働きが弱った内臓の機能回復に役立ったり、新陳代謝を上げることで体内の毒素を排出する働きを強めることで症状の改善を助けてくれるからです。

また青汁には食物繊維も豊富に含まれているため、腸のなかから毒素を絡めとって体外へ排出する働き、血中の毒素の働きを抑える効果もあります。また、ナイアシンが不足することでアセトアルデヒドが体内に長く残ってしまい、なかなか気分の悪さから解放されない原因にもなります。

こうした栄養素がまとめて補給できる青汁はまさに二日酔い時の強い味方と言えるでしょう。二日酔いしやすい人は日頃からこうした栄養素が足りていない場合が多いため、普段から青汁を飲んでいることで二日酔いしづらい身体づくりをすることもできます。

関連記事